Luna's Monologues

タグ:日記 ( 3 ) タグの人気記事

宿命…






今日は特に底冷えのする一日だった。

夜10時前、わが町の駅に着いて、外に出てみると…



風が強いというのではない、空気が冷えている。

冷蔵庫の中のように。

呼吸をすると、吸気が肺に達してもまだ冷たい…は大げさだけど。



雨が降ったみたいね、

アスファルトが黒くなっている。

大阪市内と違って、郊外では空が広い。

ぐっと下のほうまで降りてきているって感じ。

雲のないところが真っ黒の冬の空。

雲との境がくっきりしている冬の空。

こんなに寒い日は、やっぱり人が恋しいよね、ひととの会話の温かみが。



いま、着いたよ。今日は遅くなってごめんだったね。

そのかわり、今日の外食はわたしがおごるよ。

寒いから、マクドナルドで待ち合わせ、ね。



ケータイでそう伝えて、迎えを求めた。

冬はいい。こうやって夫に迎えに来てもらえるから。

夏場はプロ野球があったりするとね、なかなか。



「ひとりじゃないって、ステキなことね ♪」

ふと、天地真理の古い古いヒットソングが脳裏に流れた。

「…いつまでも、いつまでも ♪」



いつまでも続くだろうか。

生育歴に恵まれていないわたしは、ときどき、自分の幸福が信じられなくなる。

きっと、なにか悪いことがそばまで迫っている…

そんな強迫観念にときにおそわれるのだ。

こんなときこそ、「思考停止」は使われるべきなのだ、こんなときに限って、ね。

マインド・コントロールも使いようによっては、自分の弱さを抑制するのに役立つ。

強迫観念を閉め出すために限って、ね。



アダルト・チルドレンのわたしは、

一生涯、こういう自分との格闘を続けていかなければならない。

でも、これも宿命。わたしの責任じゃない。

生まれる親を、人間は選ぶことができない。

ひとはみな、なにかしら、不備な境遇、不備な問題を抱えて生まれてくる。

まったく暮らしの苦労をしなくていい境遇に生まれた人間でさえ、

ノリピーのダンナさんのように、四十代まで社会というものから外れて生きてきて、

およそ四十代の人間に最低限備わっているだろう社会性がなく、

ただ単に刺激を求めて生きるしかない人間になってしまう、

これも決して、生きた甲斐のある人生じゃない。



わたしは、わたしにのしかかってきた運命を嘆いたり恨んだりするんじゃなく、

この運命を、自分に用意された「リング」だと、

リングというのはレスリングなどのリングのことだが

わたしは、そういうふうに、いまは受け留められる。




わたしは、わたしが遭遇することになったこの「リング」で、運命をノックアウトする、

そういう決意で生きている。

今日も、あしたも。

いのちの続く限り。
[PR]
by psychic-luna | 2010-01-08 00:44

ひとことくらいのあいさつがあってもいいでしょうに…






あのさあ、ちょっとカチンときてんの。

あるブログの方からトラックバックをいただいたのね。超有名なブログの方からだったんで、すんごくうれしかったんですよ。

で、すぐにお礼の意味でトラックバックをお返しして、トラックバックくださった方のブログのコメント欄にもお礼したんです。

この時点ではレスなんて期待していなかったんです。でも、ひょっとしたら、と思って、夕方に覗いてみたんです。そしたらね…。

何人かのひとのご挨拶にはレスが返されていたんだけど、あたしのとほか何人かのひとのコメントは無視されてたんです。



これってさあ、結構傷つくんですよ、いや、ホント。

まあ、わたしはあまりPCには時間割いていないし、だからよく見るサイトでも、コメントとかしないから、あまり親しく思われていないのはしょうがないとしよう。でもさあ、同じような時間帯にコメントしたのに、自分だけ無視されてるって…。ふつう、おもしろくないですよねぇ。

わたしがエホバの証人だったときには、こんなことする長老がいたんですよ。自分の思い通りに動かない人や、自分とは趣向の異なる人がね、いくら註解しようとしても、わざと当てないの。そういうのがものすご~いイヤに思いましたし、自分がその対象になったときにはすごく傷つきました。

そういう経験があるもんだから、今回のようなことがあると、相手の腹の底を勘ぐっちゃうのね。

自分が有名だから人を選り分けてんのか、とか、あたし、このひとになにか気に触ること言っちゃったことあるのかなあ、とか。

「不満があるんなら、はっきりそう言えばいいじゃない、あなたがいつもブログでえらそうにそう言ってるんだし」。

みなさんなら、きっとそうおっしゃるでしょうね。

それは確かにそのとおりです。でもさあ、実際はそんなこと言えないですよね、おおぜいの人に公開されている場所だし。だから、「あ、そう、あなたがそういう態度に出るんならお好きにどうぞ、あたしは平気よ」なんて心の中で言いながら、もちろん、全然平気じゃないんだけど、もうそういう人とは遠めに距離を置くようにしよう、って決心して、忘れるようにしますよね、ふつうは。まあ、そうするのが正解なんでしょうけど。



あのひとに注意されても腹が立たないのに、このひとから指摘されると、それが正鵠をついていてもむかっとして、耳をふさいでしまう。ひとはなぜひとによって感じ方が変わるのか。このことを研究して引き出された概念があります。「イデオシンクラシー・クレジット」という社会心理学の用語らしいんですが…。

ある人には信頼感を抱くのに、別の人には警戒心を抱く。どうすれば警戒されずに、信用を得るようにできるでしょうか。それは…

こうすることです。



---------------------------------


日常レベルでの誠実さをていねいに実行することである。

会議や商談などで電話に出られずに、留守番電話にメッセージが入っていた場合、直属上司やリーダー格のひとに対しては迅速に返事するのに、同僚や後輩への対応は後回しにする。こんな人間はだいたい、「いやあ、忙しくってさあ」で済まして平然としている。

「忙しい」といえば許されると思っている。言われた側の気持ちに思いをはせることができない。携帯電話のない時代なら、連絡を取るすべがすぐにない場合もあったので、そんな言葉も許されたかもしれない。しかしいまは、廊下を歩いている最中でも、トイレからでも「ごめん、いまは手を離せないから、あとでまた電話する」のひとことなら1分もかからない。

社会で生きている人が便利なものを持つ以上、その利便の益を他の人も受ける権利が発生する。こちらも相手の立場に立ち、相手を気づかい、相手に誠実に対応する義務も自分に発生するのではないだろうか。

人間関係への姿勢が近視眼的なひとは、「信用というものは大きなことをしないと積みあがらない」というように勘違いしている人である。人間関係に恵まれる人というのは、面倒くさくても「他者への気配り」をまめに実践するひとである。




(「人間関係が一瞬で変わる『自己表現』100」/ 原孝・著)

---------------------------------


これですよ、これ。

信頼は小さな当たり前のことをていねいに実行することでしか築かれないものなんですよね。

身近な人は、つい相手に甘えてしまって、まあ、わかってくれるだろうで済ましてしまうことが多いようですが、身近な人だからこそこういうことを疎かにしていると、関係にひびが入るようになり、やがていっしょにいるのに孤独に感じる、なんて事態を身に招きます。身近にいる人がいちばん大切なひと。だから身近な人こそていねいに接する、これがまっとうな順序です。

「どうもごていねいに、今年もよろしく」くらいの文章書くのに何時間もかかるわけではないでしょうに、ねえ。
[PR]
by psychic-luna | 2010-01-03 03:35

わたしの「贅沢」




不況で、今年の正月は家で過ごす人が多いという。うちもそのクチだ。

元日には夫婦で奈良県橿原神宮まで足をのばした。思ったほど人は多くなかった。寒い一日だったからだろう。

小学生のころは遠足やらで橿原神宮には来ただろうが、もちろん中年となった今、そんなことは覚えていない。でもなぜか懐かしい。

社殿の正面に距離を置いて立ち、眺めてみる。空は曇っていたが、ときどき切れ目から弱い陽光がさしてくる。明治時代に創建されたもので、新しいのだが、日本の建築の美しさにうたれた。境内に陽光がさしたり、雲にすうっと消し去られたりして、静寂というものが目に見えるように感じられる。

精神的に未熟な親元に生まれて、複雑な人間関係のなかで過ごしてきたわたしは、ひとと関わっているよりは、こうして静かな雰囲気のなかでたたずむほうを好む。やや風が強いのも、雰囲気に没頭する助けになった。瞑想しているのではないが、そういう気分に耽った。

鑑賞する、などという高度なことはわたしにはできない。しかしたったひとりで「美」というものにひたることは、そう、わたしにとっては「贅沢」である。「幸福」ではない、贅沢、だ。ほんものの贅沢だと思う。

贅沢は金ぴかな暮らしに埋もれることだけを言うのではない。贅沢は悪徳というイメージがあるが、人間には贅沢に耽る時間が必要だと思う。音楽で言えば「間奏曲」。何も考えずに、ひたすら心地よい雰囲気に心をゆだねる。感傷もなければ、そう、愛情に温もることすらない。自分ひとりだけの快楽。

静けさ、わたしはそれを、男からの愛よりも愛する。

うしろで夫が、寒い、と言い出した。ムードを理解しないやつ。わたしはにっこりしてふり返り、「なんか食べに行こうか」と答えた。南門をくぐるときには、肩を並べた。空には冬独特の、岩のようにごつごつした雲が水色の空のあちこちに重なっていた。
[PR]
by psychic-luna | 2010-01-02 20:02



人前では言えない、あんなこと、こんなこと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧